ゼネグラとはどんな薬?

ショップヘ

professional

Cenforce-D

Kamagra Oral Jelly

Suhagra

Ledeegra

Super P Force

Intagra

vigora

Silagra

pink filagra

ゼネグラとはどんな薬なの?

zenegra ←Zenegraの詳細

 

ゼネグラは、バイアグラのジェネリック医薬品で、Alkem Laboratories社が製造・販売を行っています。
バイアグラの主要成分と同じシルデナフィルが配合され、バイアグラと同じように、ペニスの海綿体平滑筋の緊張を緩め、血の流れを促すことで、勃起不全を解消します。
ゼネグラは国内外で既に多くの臨床試験が行われ、症状にもよりますが、約70〜90%ほどの割合でED(勃起不全)に対して有効とされています。
元気な人が飲んでも、勃起力がさらに向上し、勃起時間が持続されるようになります。
ジェネリック医薬品なので、バイアグラと比べても手ごろな価格で購入できます。

 

ゼネグラの効果は?

ゼネグラは、バイアグラと同じ成分シルデナフィルを含有したジェネリック医薬品で、30代、40代、50代、60代の男性で、夜の営みをまだまだ頑張りたいものの、 ペニスが思うように反応してくれない、昔のような硬さ、持久力がほしい、という男性をサポートする薬です。
主成分のクエン酸シルデナフィルが、勃起のために必要な海綿体への血流の増加を正常に行うよう働きかけます。

 

セックスの際、性的刺激を受けることで海綿体への血流が増加し、ペニスが膨張することで勃起します。
環状グアノシン一リン酸 (cGMP)という物質が、血管を拡張し、血流を増加させるのですが、cGMPは、性的刺激を受けた脳の指令で生成されます。
ところが、このcGMPを分解し、海綿体への血流の流れを遮断してしまう5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5)という酵素により、勃起したペニスが徐々に萎えてしまいます。
クエン酸シルデナフィルは、このPDE-5を防ぐことで、ペニスが萎えるのを防ぎ、セックスを可能とします。

 

精力を増強させたり、性的興奮度を高めるのではなく、ペニスに性的興奮がまったく起らないED(勃起不全)の症状を改善し、また、セックスの際の性的興奮で勃起したペニスに流れる血流が引いてしまうことを抑制し、勃起を継続させることで、セックス中の萎え(中折れ)を防ぐ事を目的に作られたED治療薬です。
前戯などで最初は勃起していたのに、性行為の途中で萎えたり、中折れしてしまう、という男性の悩みも解消します。

 

ゼネグラは、バイアグラと比べて早く効きはじめ、服用してから25分ほどで効果が現れはじめ、100mgを半分にカットして服用すると、4時間くらい効果が持続します。
シアリスなどと比べれば、効果の持続時間がやや短いようですが、逆に、あまり長時間の効果持続は必要ない、という人にはお勧めです。

 

「これまでのバイアグラ系の商品だと、胸焼けや軽度の頭痛が出ていたのですが、ゼネグラは副作用を感じませんでした。
勃起時の硬さも自然な硬さで、いかにも薬を飲んだ的な過剰な硬さではなく、程よい硬さで満足です」

 

 

「カベルタ、シラグラ、カマグラ、タダリスなど、いろいろ試しましたが、個人差があるので何とも言えないですが、このゼネグラが私には合っているようです」

 

ゼネグラを実際に試してみた人からも、こうした口コミの声が聞かれます。

 

ゼネグラの効果的な飲み方は?

ゼネグラは、セックスの1時間くらい前に服用し、 1日1回1錠限りとして、服用の間隔は24時間以上空けるようにします。
効果を最大限に発揮させるには、空腹時に服用するか、食後1時間以上空けてから服用することです。
また、ゼネグラを服用するだけは、勃起状態にはならず、性的な刺激も必要となります

 

ゼネグラは100mgなので、ピルカッターなどで半分にカットし、50mgを服用すればよいでしょう。
バイアグラの場合30分くらいで効果が現れ始めますが、ゼネグラは25分で効果が現れ、効用時間も4時間ほど持続します。
ゼネグラは他のバイアグラのジェネリックと比べても、服用後、ペニスが非常に硬くなるのが特徴とされています。

 

服用は、バイアグラと同様、空腹時に飲むのが適切とされます。
食後、胃の中に食べたものが残っていると、クエン酸シルデナフィルの吸収が妨げられてしまうので、水か白湯で飲むのが一番ふさわしいでしょう。
また、脂肪分が多い牛乳などと一緒に服用すると、やはり有効成分の吸収が妨げられてしまいます。
ゼネグラはお酒の影響を受けにくいといわれますが、それでも、できるだけ水か白湯で服用することです。

 

やはり空腹の時の方が安定して効果が出やすいので、飲むタイミングに注意します。
初めて服用する場合、まずは1/4錠(25mg)の少量から試し、様子を見ながら服用したほうがよいでしょう。
市販のピルカッターで1/4か半分にカットして服用します。

 

ゼネグラの注意点

ゼネグラは日本の薬局や病院では販売されていませんが、個人輸入で入手ができます。
購入には個人輸入代行業者を通すことになりますが、信頼できる業者を選び、偽者を購入しないよう、注意が要ります。
1か月の使用分量以上の個人輸入はできないので、多量にまとめて販売しているようなところは避けたほうがよいでしょう。

 

ED治療薬の使用は、インターネットの情報サイトや、薬に関する書籍で情報を得たり、かかりつけの医師や調剤薬局の調剤師などの専門家に相談するなどして、薬についてよく知識を得た上で、自己責任で服用することになります。
個人輸入で入手した医薬品は、他人に転売したり、譲ったりする行為は法的に禁止されています。

 

胸の痛みや心臓の病気を持っている人、他にも、ひどい低血圧、管理されていない高血圧、重い肝臓病、目の網膜の病気(網膜色素変性症)を持っている人は服用できません。
心臓や血圧の薬など服用中の薬を飲んでいる場合、医師と相談することです。
20歳未満の人は購入・使用はできません

 

服用は24時間以上空けるようにして、効果が実感できないからといって、大量に服用するのはよくありません。
食後などに飲んで、効果がないからと焦ってさらに服用するのは避けるようにします。
1日の用量を越えても、副作用が増すだけとなります。
また、服用した後は、アルコールは控え、しばらくの間、車の運転には十分注意します。

 

ゼネグラの副作用について

ゼネグラの副作用としては、発疹などのアレルギー症状や、顔のほてり、血管の拡張作用に伴う頭痛、動悸、血圧低下によるめまい、消化不良などがあります。
他にも、鼻づまりや視覚の異常、興奮、不眠、下痢などの症状がでることもあります。

 

こうした副作用はいずれも軽いもので、薬の効果が薄れるとともに、自然に解消されます。
副作用の症状が強く感じられるのなら、飲む量を調整することですが、服用後、4時間以上経っても症状が治まらなかったり、気分が悪くなったりしたら、すぐに医師に相談することです。

 

<要約>
ゼネグラはインドのAlkem Laboratories社が製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラと比べ、効果が出るのが早く、服用後25分くらいで効果が現れ始め、約4時間効果が持続します。
効き目も穏やかで、自然な硬さになります。
初めのうちは100mgを4分の1か半分にカットして試し、自分にあった量を調整するとよいでしょう。
一日1錠、食前に水かぬるま湯で服用し、服用は24時間以上空けるようにします。
決められた用法・用量を守れば、あまり副作用の心配も要りません。
副作用が出ても、基本的に軽い症状の場合がほとんどですが、稀に重い症状が出ることもあります。
副作用の症状がひどければ、薬剤師や医師に相談をすることです。


バイアグラ シアリス レビトラ ステンドラ ウデナフィル 女性用