バイアグラの副作用について

ショップヘ

これらのバイアグラの副作用は?

professional

Cenforce-D

Kamagra Oral Jelly

Suhagra

Ledeegra

Fildena strong

Kamagra Gold

Suhagra Force 50

Assurans

Cenforce-FM

バイアグラの副作用を知っておこう

バイアグラはペニスの血流を良くすることで、勃起不全の解消につながるのですが、ペニスだけでなく、全身の血流も良くする働きがあるみたいです。
このため、めまいや顔面のほてりなどの副作用があるようです。
これ以外の副作用としては、鼻みずや鼻づまり、腹痛、消化不良、腰背痛、筋肉痛、
視覚異常などの症状が出ることもあります
こうした症状は、バイアグラにより全身の血流が良くなりすぎたことで、体調の異常として現れるようです。
ただ、副作用の発生率は低く、発生しても命に危険を及ぼすほどのものではありません。

 

もしも副作用が現れたら?

バイアグラを服用した場合、約9割の人に顔のほてりや目の充血、また鼓動が早くなる、などの症状が現れるようです。
これは、血管が広がり、血流が良くなるためなので、自然なものと考えてよいでしょう。
1時間から数時間くらいで、こうした症状は自然に収まってくるものです。
ただ、場合によっては鼻づまり、頭痛、動悸・息切れがひどくなることもあるので、こうした症状が深刻なら、5時間くらい間を空けて様子を見てみましょう。
しばらくすれば、たいていは症状が治まりますが、どうしても症状が治まらない場合、医療機関でバイアグラを服用したことを告げて、相談しましょう。
副作用の現れ方は、個人によって、また服用した用量によっても異なってきます。 
用法・用量を守れば危険性はないのですが、50mgを服用して副作用が激しいようなら、25mgに変えるなど、自分で飲む量を調整してみると良いでしょう。
また、バイアグラは、狭心症の薬とは一緒に服用してはいけないことになっています。
バイアグラは血管を拡張させる働きがありますが、狭心症の薬も同じ働きがあるため、併用すると、血管が広がりすぎてしまい、低血圧の症状を起こしてしまう危険性があります。
セックスは結構心臓に負担をかけるものなので、狭心症の人はセックスの行為を行うこと自体、注意が要りますが、たとえ健康な人でも、セックスによる心臓への負担で発作を起こしてしまうことが稀にあります。
この場合、もしも意識不明で病院に運ばれると、狭心症の治療薬である硝酸剤を投与される可能性もあります。
こうしたことから、セックスの際、バイアグラを服用しているのなら、やはりパートナーにもそのことを告げておいたほうが良いでしょう。

 

副作用が気になるのなら

バイアグラを服用した場合、軽い頭痛や動機はよくある副作用なのですが、どうしても気になるのなら、医師と相談することです。
また、ごく稀に、バイアグラを服用することで、勃起が収まらなくなる、という症状が現れることもあるようです。
このような場合でも、恥ずかしがらずに、すぐに医師と相談するのが良いでしょう。
これ以外、めまいの症状が出ることもありますが、網膜の視細胞に影響することで、物が青みがかって見えたり、赤っぽく見えたりすることもあります。
このため、服用後は車の運転や、機械の操作などは避けたほうが良いでしょう。

 

副作用以外で注意すべきところは?

バイアグラはぺニスを硬くし、勃起の持続時間も長くなることから、セックスの際、つい頑張りすぎてしまい、何度も挿入することがあるかもしれません。
しかし、挿入を繰り返すうちに、亀頭を傷つけ、出血してしまう恐れもあります。
女性の場合も膣の粘膜を傷つける恐れがあります。
こうしたことによる出血は、性病への感染のリスクを高めることにもなるのです。
このため、コンドームや潤滑ゼリーを使うようにして、出血を防ぐようにしたほうが良いでしょう。
顔のほてりや軽い動悸は、よくある副作用であり、むしろ薬の効き目が現れている証拠と考えれば良いでしょう。
体中の血液がペニスに集中することで、悪寒を感じることもあるようですが、これも、セックスで体が温まれば、すぐに消えることでしょう。
悪寒が気になるのなら、軽くスポーツを行ってみるのも良いかもしれません。
悪質な偽物を購入しないよう注意し、用法・用量を守れば、あまり副作用を気にする必要もないのです。

 


バイアグラ シアリス レビトラ ステンドラ ウデナフィル 女性の治療薬