バイアグラジェネリックについて

ショップヘ

super active

Kamagra Chewable

Cenforce

Zenegra

Lovegra

professional

Cenforce-D

Kamagra Oral Jelly

Suhagra

Ledeegra

バイアグラジェネリックは安全?

バイアグラを安く手に入れるには、ジェネリックを購入するのも一つの方法です。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことであり、特許の切れた医薬品のことです。
先発の医薬品の場合、開発コストなどがかかることから価格的に高くなりますが、後発医薬品だとコストがかからず、安く生産することができることから、価格も安くできるのです。
日本ではまだ普及度が低いのですが、患者への薬に対する負担を軽減するため、普及を推進しています。
このため、平成20年4月には処方せんの書式が見直され、医師が後発医薬品への変更不可という欄に署名しない限り、患者と薬剤師の自由意思で変更が認められることになりました。
バイアグラの場合も、東和薬品などの製薬メーカーがバイアグラジェネリックを安い価格で提供しており処方箋が必要な薬として取り扱いをしているクリニックでもあります。今後は更に各医療機関でも広まっていくことだと思います。さて、後発医薬品は安全なのか?と思う人も多いと思いますが、どの製品も度重なる成分分析や臨床実験を行い人体に危険がないことを確認され認可を受けて販売されているので、診察の際は医師に相談し後発薬を処方してもらうことも問題ないことです。

バイアグラのジェネリックの現状

これまで市場に出回っているバイアグラのジェネリックは、ほとんどインド製です。
インドの場合、医薬品の特許に関する国内の特殊な事情があったことから、他の国では特許が残っていても、インドではバイアグラジェネリックやシアリス及びレビトラのジェネリック後発医薬品を製造・販売することができたのです。
インドというと衛生状態が悪く、薬も品質が悪いのでは?というイメージがありますが、インドは製薬大国であり、日本の医薬品メーカーと提携している製薬会社もあります。
バイアグラのジェネリックも、厳重な品質管理のもとで製造され、品質的にも問題なく、副作用も正規品のそれと同様とされています。
そして、国境なき医師団は多くのインド製のジェネリック医薬品を患者に使用しているのは有名な話です。
既にカマグラゴールド100mgやスハグラ100mgやシラグラ100mgやバイアグラのオーラルゼリーなどの製品が良く知られていますが、実際に試してみた人からも、効果や効能は正規品のバイアグラと変わりなく、満足した、という声が多いようです。

 

品質的に疑わしい類似品に手を出すよりも、正規のインド製バイアグラのジェネリックの方が、はるかに安心できると言えるでしょう。
インド製は、成分特許除外を世界に公認されているので、ジェネリックであっても、独自に製造販売を行っていることから、正規ブランドのED 治療薬ということにもなります。
インドの製品としては、その他にもセンフォース、ゼネグラ、インタグラ、カベルタなどがあり、いずれも、日本でも個人輸入代行業者を通して通販で購入できます。
価格的にも、1錠あたり200円前後と、かなりお得となっていますので有効に利用しましょう。
効果や副作用が心配なら、まず、お試し期間として1週間分ほど服用し、とくに問題がなければそのまま継続使用すればよいでしょう。

日本での今後のジェネリックは?

バイアグラは、2014年5月に特許が切れることから、今後的に、日本の製薬メーカーでも相次いでバイアグラのジェネリックが製造販売されると見られています。
日本製は、早くて2014年7月くらいから登場するものと見られていましたが、既に認可され、販売となったものもあり、話題になっているようです。
既に日本の医薬品メーカーから発売されているものは、水なしで服用できる口腔内崩壊錠で、ED治療薬の中でも国内で初の剤形となっています。
レモン風味とコーヒー風味の2種類があり、割線付きの50mgのみで、価格も正規品と比べ、1錠1250円程度と割安になっています。
今後的にも日本の製薬メーカー5社が、相次いで発売を予定しているようで、7月にはすべてが揃うものと見られています。
日本の場合、バイアグラなどのED治療薬には薬価がつかないことから医療機関により価格を設定することになります。
このため、バイアグラの場合でも価格が注目されることになりますが、販売価格としては、1250円に設定するところが多いようです。
ED治療薬の市場規模は100億円程度といわれていることから、今後的に、日本のメーカーでも価格競争が起こるかもしれません。
正規品の製造販売元であるファイザー社も、今後価格を見直すかもしれませんが、同社によれば、ジェネリックの採用状況や販売価格を注意深く見る、としています。
これに伴い、また新たな偽物も多く出回る可能性もあることから、今後の市場の動向にも注意がいるでしょう。

バイアグラジェネリックは効果があるのか

バイアグラの成分と効果は性的な刺激を受けると陰茎海綿体に血液を送る陰茎動脈から血管拡張作用がある物質が分泌されることによって陰茎動脈が拡張することでペニスが血液で満たされます。陰茎海綿体はスポンジ状になっていることから血液を吸ってペニスは個人差はありますが、1.5倍から2倍ほどに膨張します。
バイアグラの主成分はシルデナフィルであり、血管の拡張を邪魔する酵素が発生してしまうことで勃起不全や勃起障害などに繋がるのですが、シルデナフィルはこの酵素の作用を抑えて血管の拡張を助ける働きがあります。
まれにバイアグラを媚薬や精力剤とイメージしている人がいますが、バイアグラを服用して無条件に勃起するのではなく視覚的、感覚的に性的刺激がある場合にのみ反応し勃起するようになります。
では1998年に初めてアメリカのファイザー製薬が開発し、ED治療薬の先駆けともなったバイアグラとジェネリック医薬品として後発で販売されているバイアグラに効果の違いはあるのでしょうか。
基本的にジェネリック医薬品は先発品と同じ成分が含まれており、同じ効果を持つものです。バイアグラの場合は先発品も後発品も主成分はシルデナフィルが含まれています。つまり効果も同じものとされているのですが、実は先発品と後発品の両方を服用した人の中には効果に違いがあるという人もいます。
例えばジェネリックは効果が薄い気がするというものです。
こうなってしまっては安価な価格でもジェネリック医薬品を服用することをためらってしまう人もいるでしょう。ですが実はプラシーボ効果のようなものもあると考えられています。ジェネリック医薬品へのイメージが効果が薄いと感じる原因になっているようです。
バイアグラのジェネリックを使用することでコストパフォーマンスもよく、ピルカッターで分割することでお得に使用することができるのでバイアグラのジェネリックが登場したことは喜ばしいことなのです。

 

・バイアグラのジェネリックの効果は確かなものなのか

 

ジェネリック医薬品と聞くと安価で本当に先発品と同じように効果があるのか?と疑問に思う人もいるでしょう。ですが、成分も効果も同じことがジェネリック医薬品の定義となっているので、バイアグラのジェネリック医薬品も成分や効果は同じものと言えます。
バイアグラのジェネリック医薬品が出たことで先発品の価格が不当に高額になることを抑え、価格の適正化を促進することにも繋がっているので、お財布に優しい効果も発揮しているのです。

 

バイアグラジェネリックの効果的な使用方法について

バイアグラのジェネリックの紹介

ジェネリック医薬品は後発医薬品となることから新薬の様に開発費や販売費を抑えることが出来る為に新薬と同じ有効成分、同じ効き目でありながら新薬よりも安価な価格で購入することが出来る医薬品のことです。

 

バイアグラのジェネリックも多く存在します。

 

カマグラゴールド

 

バイアグラのジェネリックの中でも人気が高いのがカマグラゴールドです。インド製のバイアグラのジェネリック医薬品であり、インド国内用で販売されているのがカマグラゴールドで輸出用にカマグラがありますが有効成分や効き目に違いはありません。ただ単に国内用と輸出用で名前を使い分けている様ですね。
バイアグラと同じ成分、同じ効き目となっているのですが、カマグラゴールドの方が種類が豊富などで使い勝手が良くなっています。バイアグラと同じ錠剤タイプの他には水に溶かして飲む発泡剤タイプ、ゼリー状になっており、りんごやキャラメル、ラズベリーなど7種類のフレーバーがあるもの、水なしでくちの中で溶かしたり噛んだりして服用するものなどです。錠剤、ゼリー、チュアブルと体内に吸収する時間に差があるので状況に応じて使い分けることが出来るのではないでしょうか。

 

カベルタ100mg

 

カマグラゴールドと同じくカベルタもインド製のバイアグラのジェネリック医薬品です。カマグラゴールドはインドのアジャンタ・ファーマ社が製造販売しているのですがカベルタはランバクシー・ラボラトリーズ社が製造、販売しています。この製薬会社は世界でも10位以内に入るほど大手であり、インドでは最大手の製薬会社となっています。
カベルタの効果としては基本的にはバイアグラのジェネリックとなっているのでバイアグラと変わりはありません。ですが有効成分が同じでも、実は中に配合されている成分を安定化させる製造や製法は異なる為に作用が現れるまでの時間や作用時間そのもの、作用の強さなどに違いが出ることがあります。もちろんこれはジェネリック医薬品のほとんどに言えることなのでカベルタだけに限られた話ではないのですが。
カベルタ100mgが流通しているのですが、これ日本人の体格を意識して作られている量ではないので、外人並みの体格でない場合にはピルカッターで半分の50mgにして服用するのが良いでしょう。100mgをいきなり服用すると強い作用や副作用が現れる可能性があります。

 

ビゴラ100mg

 

ビゴラはバイアグラのジェネリック医薬品であり、バイアグラと同じくシルデナフィルが使用され、効果も同じになります。つまり副作用もほとんど同じ症状が起こります。
ビゴラを服用した際に起こる副作用としては、顔のほてり、のぼせ、頭痛、血圧の変化や網膜への異常、軽度の複視現象、吐き気や消化不良、腹痛などです。ビゴラの効果が現れるとともに副作用も起こり、ビゴラの効果が切れるとともに副作用も消えるので一時的なものですが、副作用を理解して服用後には車の運転などは控えましょう。
ビゴラはバイアグジェネリック医薬品ですが、バイアグラが日本国内で承認を受けて医師による処方を受けることができるのに対してビゴラは日本国内で承認を得ていなことから日本国内では購入することはできません。入手する場合には個人で海外から輸入することになりますが、個人輸入代行を利用することでインターネット通販で買い物をするのと同じように手軽に購入することができます。個人で海外から購入することに違法性はないので安心して入手することができるものです。勃起不全や勃起障害によって自身をなくしている男性に高い効果を発揮するものです。

 

レディグラ

 

女性用のレディグラもバイアグラのジェネリック商品のひとつでインドのVipro Lifescience社が製造しています。
その他にもラブグラやセンフォースFMなどが上げられます。
これらの女性の為に開発されたレディグラなどは女性器周辺への血流をよくする働きがあることから女性の感度も上がり、快感が得られるようになります。
空腹時または食後2時間以上してから最初はピルカッターなどで半分にカットして服用する方が良いでしょう。
また副作用として血管の拡張作用にともなう、顔のほてりや頭痛などが上げられます。
ニトログリセリン系の薬を飲んでいる人や、妊娠中や授乳中の女性は服用できませんのでご注意ください。
他の国々でもバイアグラのジェネリック医薬品は販売されているのですが、ジェネリック医薬品そのものが圧倒的にインド製ということが多いのです。
一般的にジェネリックは特許期間が終了しない限りジェネリック医薬品の製造はできないのですが、インドの場合は2005年までインド国内での特許法では医薬品は特許として認められなかったことから新薬が出るとすぐに合法的にジェネリック医薬品を作ることが出来たのです。


バイアグラ シアリス レビトラ ステンドラ ウデナフィル 女性の治療薬