バイアグラは高血圧の方の服用は要注意

ショップヘ

これらのバイアグラを高血圧の人が服用したら?

Super P Force

Intagra

vigora

Silagra

pink filagra

Aurogra

Filagra gel shot

Malegra DXT Plus

Green filagra

Malegra

バイアグラを高血圧の方が服用する場合

バイアグラには、いくつか併用禁忌のものがあります。
特に併用が危険とされているものは、ニトログリセリンなどの心臓病の治療薬です。
元来血圧を下げるための薬として開発されたものであることから、心臓治療薬や、血圧を下げる薬と併用した場合、血圧が下がりすぎることでショック状態を引き起こすことがあり、最悪、死亡する可能性もあるとされます。
ただ、血圧が低すぎたり(90/50以下)、高すぎる(170/100以上)状態でなければ、一応服用は可能とされています。
高血圧気味の場合でも、普段から血圧が安定していて、狭心症の薬を服用していないのなら、服用には問題無いと言えるでしょう。
降圧剤を服用中の場合、降圧作用が強く出たりするケースがあるようですが、降圧剤を服用中にバイアグラを使用しても、ショック死に至るような例は今のところ無いみたいです。
いずれにしろ、高血圧の場合は、バイアグラの服用は医師の指示を受けながら行うことです。
血圧の上が90mmHg以下の低血圧の人や、治療による管理が行われていない高血圧の人で安静時に上が170mmHg以上、下が100mmHg以上の場合、処方されないことになっています。

 

高血圧の人が服用する際の注意点

たとえ高血圧でも、医師と相談して問題ないと判断されれば、バイアグラは服用できます。
ただ、降圧剤の併用には注意がいります。
バイアグラは血圧を下げる作用があることから、降圧剤と併用することで、一時的な立ちくらみや、ふらつきなどの低血圧の症状が多少出たりするようです。
高血圧の人の場合、こうした副作用に注意する必要があるみたいです。
高血圧の人以外でも、不整脈、低血圧の人や、最近脳梗塞、心筋梗塞、心不全を患ったことがある人、不安定狭心症や肝臓障害、末期腎不全患者、遺伝性網膜変性症既往歴のある人、血圧コをントロールする薬を服用している人は、服用ができない場合があります。

 

・高血圧による勃起不全への対処は?
勃起不全は、高血圧が原因の場合も多いものです。
勃起不全は陰茎の血流が滞る事で生じるもので、血行が悪くなると発症しやすいわけです。
高血圧の場合、動脈硬化を引き起こしやすくなり、これにより血行が悪くなることで、勃起不全となる例が多いのです。
バイアグラは、降圧剤と併用しても問題ないとされますが、併用していて急に効果が感じられなくなった、と言うケースもあるようです。
この場合、動脈硬化や、それ以外の病気が発生している恐れもあるので、このような場合、すぐに医師と相談したほうが良いでしょう。
食生活、生活習慣が乱れていることなども血圧が高くなることの原因となり、これが勃起不全にもつながるのです。
日常生活の改善も、勃起不全の解消と同時に血圧を安定させることになります。

 

バイアグラの意外な効用とは?

バイアグラは勃起不全のための薬としてよく知られていますが、勃起不全以外、最近、高血圧のための薬としても、医療機関で注目されはじめているようです。
確かに、血圧が高めになるに伴い、勃起力が欠けてきた、というケースも多いようで、高血圧を感じた時に、バイアグラの成分と似た薬が処方されることがあるようです。
このため、血圧が高めの時に勃起不全気味となった場合、試してみるのも良いかもしれません。
ただ、因果関係はまだはっきりしていないので、やはり医師とよく相談してから試すようにするのが良いでしょう。
これ以外にも、最近ドイツで、バイアグラは高山病の防止に役立つかもしれないとして、研究が進められているようです。
肺は血管を収縮させる酵素を多く有していますが、バイアグラはこの酵素の働きを抑制する作用があることから、肺壁への血流を促進するらしいのです。
これにより、高地での酸素欠乏で引き起こされる肺高血圧症から肺を守る働きあることが、エベレスト登山者を被験者として検証が行われた結果、確認されたそうです。

 

 


バイアグラ シアリス レビトラ ステンドラ ウデナフィル 女性用