バイアグラの本物の見分け方

ショップヘ

professional

Cenforce-D

Kamagra Oral Jelly

Suhagra

Ledeegra

Fildena strong

Kamagra_gold

Suhagra Force 50

Assurans

Cenforce-FM

バイアグラの本物の見分け方は?

バイアグラの、本物と偽物の見分け方として、製造・販売元である、アメリカ・ファイザー社の正規品の場合、ボトルにFRIDタグが付けられています。
これは、本物の識別に利用される小型の無線ICチップで、識別コードなどの情報が記録され、電波を発信して管理システムや情報を送受信できるタグです。
まずは、このICチップが付いているかどうか確かめると良いでしょう。
また、箱に点字があるか、箱止めシールにPfizerの刻印があるかも確かめてみます。
これらが無いものは、箱のコピーなので偽物ということになります。
パッケージや錠剤の色が褪せていたり、印刷が雑なものも避けたほうが良いでしょう。
国内で販売されている本物は50mg、25mgのみで、共に10錠のシート状のものだけで、裏面には日本語でバイアグラと記載されています。
これ以外には、コップに水を入れ、錠剤を投入してみます。
2分くらいで錠剤が溶けはじめたら本物と見て良いみたいです。
偽物だと10分くらい経っても錠剤が溶けはじめず、また、中から不純物が溶けだすこともあるようです。

バイアグラの偽物に注意

バイアグラは偽物も多く市場に出回り、60か国もの国で偽物が製造されていると言われています。偽物とジェネリックとは異なります。
アメリカから送られてくるバイアグラが必ずしも本物だとは限らず、アメリカ経由で日本に輸入されている偽物もあるようです。
偽物は、劣悪な環境で製造されたり、本物のバイアグラと異なる成分が含まれたりしていて、偽物を服用することで深刻な健康被害が生じたケースも少なからずあります。
中国、タイから発送されたものなら完全に偽物と見るべきです。
インド、シンガポール、トルコからなら本物が多いのですが、それでも、最近は偽物が出回っているようなので、注意が必要です。余談ですが、ジェネリック医薬品はインド、シンガポールなどから発送されていれば安全性に優れているといえます。

偽物を購入しないために

ただ、いざ購入したバイアグラが本物ではないとわかっても、ほとんどの場合、購入先と連絡が取れないなどで返品・返金などができず、結局泣き寝入りになってしまうケースが多いものです。
このため、まずは偽物を購入しない心がけが必要です。
よく電柱などで「バイアグラ安く売ります」などと宣伝した張り紙を見たり、ポストにチラシが投函されていることがありますが、張り紙やチラシで宣伝してED治療薬を販売すること自体違法なので、こうしたところで売られているものは100%偽物と考えてよいでしょう。
やはり病院で診察を受け、処方してもらうのが一番安心ですが、通販だと誰にも知られずに購入できるので、通販を利用する人が多いのが実情です。
通販を利用する場合、信頼できる業者から購入しなければいけませんが、悪質業者であると判断するポイントとしては、
特定商取引の表示がなく、あったとしても、会社概要や連絡先が明記されていない。
連絡先が携帯電話だけ。
これ以外にも、国内からの代金引換発送ができる、などは薬事法違反となるので、こうした告知があるところも避けたほうが良いでしょう。
通販だと価格的に安く購入できるのもメリットとよく言われますが、バイアグラの本物の場合、通販でも極端には安くならず、価格的には50mg1錠1500円くらいが適正価格と考えるべきでしょう。
本物と謳っていながら、価格が極端に安いところは避けるべきです。
価格的なメリットとしては、まとめ買いだとどれくらい安くなるか、送料は無料か、キャンペーン価格で購入できるか、などで考えるとよいでしょう。


バイアグラ シアリス レビトラ ステンドラ ウデナフィル 女性用